menu


引越し先の荷ほどきが楽になります

新しい家へ引越しをしてきて、家具などを配置した後、最後に持ってきた段ボールを開けて、中身を取りだす荷ほどきをする作業があります。
この荷ほどきを効率的に行うコツがあります。
その荷ほどきを効率的に行うためには、荷物を積める前にある準備をしておくことです。
その準備をするだけで、新しい家に着いてからの荷物の片付けを早く終わらせることができます。
その方法とは、あらかじめ、段ボールにどこで使うものなのかを書いておくことです。
部屋ごとに分類するように、記載してゆくとよいでしょう。
たとえば、リビングで使うものなら段ボールにリビングと書いておきます。
キッチンで使うものなら、キッチンと書き、寝室で使うものなら寝室と書いておきます。
また家族がいる場合は、家族1人1人の名前を書いておきます。
さらに細かく、クローゼットの1段目、クローゼットの2段目など細かく書き込んでゆくとよいでしょう。
段ボールに詰めてゆくのは、段ボールに表記されたものだけにしておきましょう。
そして、各部屋ごとになるように、トラックの荷台に詰め込んでゆくとよいでしょう。
新しい家に着たら、まず大きな家具を家の中に詰め込んだ後に、段ボールを家の中に運んでゆきましょう。
段ボールに記載された部屋に、段ボールを次々運んでゆきます。
すべての作業が終わったら、荷ほどきを行います。
あらかじめ、引き出しの何段目のものと段ボールに書かれているので、その通りに荷物を移してゆくだけなので、効率的に作業を進めてゆくことができるでしょう。