menu


見積もりから引越し当日までの荷造り

業者の引越し見積もり金額は、部屋数から常識的な必要ダンボールの数が定まっており、それに大型家電製品や家具の総数、そして引越し元や転居先の状況(エレベータの有無、戸建て)、距離によって料金が決まります。
業者に見積もりの詳細を訊ねれば、ダンボールの総数のウェイトは、そう高くないことが分るでしょう。
利用するトラックや作業員の数、そして移動時間の方が必要コストに占める割合が大きいからです。
そのため、見積もり後に、業者が見積もったダンボール数よりも多少多くても何も言われません。
ダンボールの数を数えることすらしないのです。
引越し当日まで、毎日荷造りに追われますが、大抵不要品の処分から着手します。
明らかに不要なものは纏めて処分できますが、中には判断が迷うものもあるでしょう。
そうすると思いの外時間が掛かり、移動当日まで荷造りに終われる羽目になります。
ダンボール数が増えたことを心配してでしょうが、そのような事は不要です。
業者はダンボールの数をチェックしませんし、増えても料金を請求されることはありません。
捨てられるものは捨て、迷ったものはそのままダンボールに入れるのです。
そうした処分の判断が遅れると、他の作業に支障がでるため、常に荷造りから移動当日までの必要作業を念頭に置きながら作業することが必要です。
運送中に破損しやすいもの梱包は、梱包材の手配が必要な事もあります。
陶器の食器なら新聞紙で十分ですが、置物は非常に気を使うでしょう。
SLの鉄道模型のような細かい突起物があり、箱が無い場合、新聞紙で済むようなものではありません。
綿や緩衝材を手に入れる必要があるのです。
当時までのスケジュールを念頭に入れつつ、荷造りに当たる必要があります。